• ホーム
  • 上位表示されやすいキーワードの選び方

上位表示されやすいキーワードの選び方

PCを使う人

自身のサイトが上位表示されて多くのアクセス数を得るには、ユーザーが検索に使うキーワードを知ることが大切です。何故その語句で調べているのかを理解し、それを踏まえた上でコンテンツを作成しなければなりません。ユーザーがどんな目的を持って調べているのかを把握しなければ、いくら人気キーワードを含んでいても見当違いなコンテンツしか作成できないからです。

キーワードを選定する上で大切なのが、ユーザーが検索する背景を理解することです。検索クエリは頻繁に検索されるビッグワードと、それにまつわる複合的なワードであるロングテールキーワードの2種類が存在します。たとえば旅行や中古車といったビッグワードで競争しようと思っても、競合の中でも最大手の1人勝ち状態で非常に難易度が高いです。

そこで注目すべきなのがユーザーが調べる際に用いる、中古車に追加して検索するワンボックスカーやカブといったロングテールです。SEOではこのテクニックをずらしと呼び、競合大手との真っ向勝負を避けてアクセス数を勝ち取ることができます。ずらしはアクセス数アップのテクニックだけでなく、ユーザーが中古車を購入する際に何を求めて、どういった車種(型番)の人気が高いという点を分析・予想して売り上げに繋げるコンテンツマーケティングに基づいた技術でもあります。

またロングテールを上手く活用することにより、今すぐ購入しようと思っている直接的なユーザーだけでなく、まだ興味があるといった段階の間接的および潜在的なユーザーを呼び込むことも可能です。間接的・潜在的ユーザーにいくら中古車の値段アピールをしても効果がありませんが、中古車の月間の維持費の記事や、購入することによって短縮できる移動時間のコラムを掲載すれば顧客に成長する可能性があります。

まず自身のサイトへの流入状況をGoogleサーチコンソールで確認して、現状把握することが大切です。得意とするワード、これから強化したいワードを見極めることから始めましょう。自サイトのジャンルとかけ離れたワードがヒットするケースも稀にありますが、この場合は内部リンクや誘導用コンテンツを作成して上手く取り込むように工夫すると良いです。

人気のキーワードやロングテールを知りたい場合、Googleサジェストが最も手っ取り早いです。検索バーにクエリを入力すると、プルダウンでその下に第二検索ワードが表示されます。第二ワードをリストアップしたら、さらに複数個に派生した第三ワードをチェックすることでかなり強化できます。

次にGoogle広告を利用して、検索ボリュームを調べましょう。キーワードプランナーにて任意の語句を入力することにより、1ヶ月間で検索された総数をあらわす検索ボリュームが表示されます。難易度の高いビッグワードはどれなのか、複数のワードを絡めるにはどの語句を選択すれば上位表示が可能であるかを分析できます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧