• ホーム
  • ユーザーニーズに応える記事の書き方について

ユーザーニーズに応える記事の書き方について

インターネットが発達した現代では分からないことや悩みがあれば最初に検索、というぐらいに検索エンジンが浸透しています。Googleが提唱するユーザーにとって価値ある有益な情報とは、言わばユーザーの悩みや問題に対する答えです。ユーザーが知りたい・解決したいと思っている事象に対して、Webサイトの役割はコンテンツという形でその回答を用意することと知っておく必要があります。

この事実を踏まえてユーザーの知りたいこと、つまりニーズに応える記事を書くには抱えているであろう問題を先回りして予測しコンテンツで回答することがポイントです。たとえば3月には入学・卒業や転勤などで引越しが多くなるため、2月頃に前もって一人暮らし用のお手軽家具の情報をまとめた記事を提供するといった手法が該当します。自サイトが属しているジャンル・カテゴリによって、季節や世の中の出来事で予測しやすいポイントが必ず存在するため、余さずチェックしておくことが肝心です。

もう1つ重要な項目として、ユーザーの潜在的なニーズを満たすことが不可欠である点も知っておく必要があります。記事を作成する際に、検索キーワードから直結した表面的な答えだけを書いているのでは意味がありません。タイトル付けと同様に、何故そのキーワードで検索しているかを予測して作成しなければ、ユーザーが求める情報とサイトのコンテンツの回答に誤差が生じるからです。

ダイエット器具を購入するのはシェイプアップした身体を手に入れたいからであり、多くの人は器具そのものに魅力を感じている訳ではありません。願望の本質に気付かないままだと、ダイエット器具を使って何日で痩せることが出来たかという記事ではなく、器具の美しさや触り心地の感想をまとめた記事を書いてしまうでしょう。相手にとって有益な情報とはどのポイントにあるのかを、しっかりと考える必要があります。

さらにもう一歩進んで考えるならば、多くは痩せることが最終目的でもありません。痩せて美しくなりたい、好きな人に振り向いてもらいたい、健康的な身体を手にしたいなど目的は様々ですが、単に痩せたいという願望だけではないという本質を見抜く必要があります。何かを買いたいという願望の奥には、それを購入したことで得られる状態を手に入れたいという願いが潜んでいるということです。

一方で、その製品やサービスを購入することで得られる状態が欲しいのではなく、純粋に購入するという行為そのもので満たされるケースもあります。検索キーワードでユーザーの悩みを先回りして解決できるようになったら、抱える問題の本質を見抜けるようになりましょう。さらに、時には目的と手段が入れ替わることまで予測できるようになったらコンテンツの質が一気に向上します。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧