• ホーム
  • サイトの表示速度について

サイトの表示速度について

2018年7月に検索エンジンに導入されたスピードアップデートにより、ページ表示速度もランキング要因となりました。アップデート内容を要約すると、モバイル検索におけるサイトの表示速度も検索エンジンの評価基準に使用するといった内容です。スマートフォンやタブレットなどモバイル端末が2010年以降に急速に普及したため、GoogleがPCに加えてこれらのユーザー層の快適性も本格的に意識し始めたと言えます。表示速度が高いと当然ユーザーは使いやすくなるため、ページランクが向上し上位表示される確率が上がるという訳です。

サイトの表示速度は、一般的に2つの方法で測定することができます。いずれもGoogleが提供するツールであり、無料で利用可能です。よく使われているツールとしてはPageSpeedInsights(ページスピードインサイト)が挙げられます。Googleコンソールなどとは違い、サイトのURLを入力するだけでモバイル環境およびPC環境のページパフォーマンスを測定してくれる優れ物です。

ページスピードインサイトでは、表示速度の評価を点数制で表示します。上限が100点満点で表記され、速度や問題箇所の有無で配点が変化する仕組みです。なお点数制での表記と平行して問題箇所や修正が必要な箇所、さらには改善方法まで提示してくれる便利なツールです。サーバーの応答時間の短縮方法やレンダリングをブロックしているプログラムの排除箇所、ブラウザのキャッシュ活用法など具体的に指摘してくれるため着手しやすい箇所から修正して点数を上げていきましょう。

同じくGoogleが提供するアナリティクスからも、ページ表示速度を確認することができます。既にアカウントを登録しているのであれば、URLを入力する必要がありません。アナリティクスにログインして、左メニューから行動・サイトの速度、概要の順にアクセスすると平均的な読み込み時間を調べることができます。行動からページ速度にアクセスすれば、ページごとの速度の確認が可能です。平均よりも遅ければ右側に赤い表示が、速い場合は左側に緑色で表示されます。

アナリティクスの中で手軽に確認する方法として、ページ離脱率も挙げられます。離脱率とはどのページで閲覧を終えたのかを表す数値であり、直帰率と併せて離脱率をチェックすることで速度の遅いページを簡易的に割り出すことも可能です。サイトの表示速度を意識することでユーザビリティが向上し、上位表示へと繋がるため疎かにせず確認して改善させましょう。

関連記事